サイトタイトル

日給月給って何?

求人情報などを見ているとたまに、
日給月給制という給料体制を見ることでしょう。

しかし、その意味が分からないとか
月給制と何が違うのか分からないという方も多いでしょう。
日給月給とはなにか月給制と比べてみましょう。

まず月給制ですが、簡単に言うと一ヶ月に10万なら10万と固定で
給料が決まっていることです。
もちろん固定で決まっていることなので、
遅刻、早退、欠勤など給料に関して控除がないということです。

それに比べて日給月給とは、
一日定められた時間をきちんと仕事したら
一日1万の給料×出勤した日数分を月給で支給しますということです。

ということは、遅刻、早退、欠勤については控除が発生し、
もちろんその控除に対しては給与不払いにはなりません。

月給制でも最近は遅刻、早退、欠勤の控除を認める制度があるみたいですが、
どちらが良いのかは個人の観点です。

日給月給制では、働いた日数分×日給に比べ、
月給制では、月に定められた出勤日数があらかじめ決まっており、
休日出勤してもそれなりの手当てが付くだけです。

働いたら働いた分だけ給料が多くもらえるという点では、
日給月給は評価がお金で返ってきやすい制度かもしれませんね。

どちらにしても、日払い労働者は毎月の給料の浮き沈みが激しく、
金銭面では安定した生活というのは難しいというのが現実です。
カードローンをさがしている日払い動労者も多く、
自分の体調などによっては、頼らざるをえない場合もあるようですね。