サイトタイトル

建設作業員と日雇い労働者の違いは?

日雇い労働といえば、
学生時代、工場などで働いた経験あるかもしれませんね。
工場といえば誰もが食べたことがあるワンタンメンで有名のあのエースコック。
そのエースコックが上場する近々上場するそうです【参考→エースコック上場
これは今後の動きが非常に楽しみですよね。

建設作業員と日雇い労働者の違いとは明確にはありませんが、
日雇い労働者という立場で建設作業員の仕事を行うという事が一般的です。

雇用形態によりますが、現在の建設業は施工体制台帳の作成の義務化等、
様々な点で正規雇用を重んじる傾向にありますので、
日雇い労働者という立場をあからさまにする事は避けられます。

今後、建設工事を受注し、
下請け業者に発注する際に社会保険加入を発注者が確認し、
未加入であれば指導していくとの事です。

元請業者は発注者からの指摘されたくないのが一般的なので、
その風潮は加速していくと思われます。

イメージとして建設作業員の職種に日雇い労働者が多いイメージもありますが、
一般的には日雇い労働者の立場では責任者を任せることはありません。

建設作業員の職種も様々ですが正規雇用か、
仕事があるときのみの非正規雇用かという違いが一番の違いです。

つまり建設作業員という職種の中の作業に携わる方々の雇用形態の違いです。